いただきもの

他サイトのみなさんからのありがたき頂きモノを展示しております。

本当にありがとうございました!


「机の上のトラベラー」:狐憑きさんより

我がサイトの創作小説「かっ飛び!ピョン丸くん」より、主役ロボのピョン丸です。

そのままプラモデルかなんかのパッケージ絵になりそうな雰囲気ですね。

大きく振り上げた拳と元気いっぱいの表情がピョン丸をピョン丸たらしめているといえましょう。

メタリック感がまた、なんともロボットらしいです。


「うまづら亭」:逸軌園さん(←豊川 鼎さん)より

同じく、「かっ飛び!ピョン丸くん」より。2010年ごろの土井中温泉駅の様子です。

モハ76号を先頭に続く車両は800系。ピョン丸とスグルが電車に乗って帰ってきました。

ホーム上のカズミが「あっ、お兄ちゃん!」と言ってそうな雰囲気ですねぇ。

ちなみに隣のカレー店『STEP』の元ネタは「こしあん堂」のFLASH作品「なつみSTEP!」から。

扉を開けてビックリしているロボットが『HT-723RS・ナツミ』です。ほぼそのまんまですね(w


「甲州特快」:富士川さんより

駿遠急行の2000系。その前期型のウソ電画像。

まぁ言ってしまえば駿急2000系は現実世界における遠鉄30型51Fのような車両なんですが、

遠鉄51Fが1編成しか試作されなかったのに対して駿急2000系は4両固定8編成が製造されたという設定でして、

これは大体2001F〜2005Fが該当する…ということにしときましょう。えぇ。

しかしまぁ、方向幕の位置もちゃんと変えてあるのが芸が細かい。

ちなみにこれをさらに改造して後期形にしたものが「SUNKYU ManiaX!」の背景となっています。

「甲州特快」:富士川さんより

これまた駿急のステンレスカー、1000系。

賢明な鉄道ファンなら言わずもがなお分かりでしょうがモデルは静鉄1000系です。

形式からしてそのまんまですが、駿急の方の1000系ではご覧のように赤帯が入ります。

なにより、3両編成になっているのに注目!!

「甲州特快」:富士川さんより

これまた駿急のツリカケ車2題。大きく出ているのが500系、

その奥で寝ている貫通型の電車は悲運の車体更新車800型。

塗装から判断するに800型引退直前の1982年末と思われますが…。

で、時は流れてこちらは1992年ごろの様子。

奥に映っているのは3000系、手前の500系は3扉化改造されてローカル落ち…。

聴こえてくるのは電車のモータ音か、はたまた祇園精舎の鐘の声…。


「NOW LOADING」:NODAさんより

こしあん絵板で知り合ったNODAさんがなんと、ウチの看板ロボ・ピョン丸を描いてくださいました!

背景がSFチックなのと目を瞑っているところからして、まだまだ生まれる前の状態でしょうか。

…やべぇ、誕生前夜の話とか作りたくなってきた…。


2周年記念絵展示場へ

ギャラリーへ

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO